ホームクリーニングのやり方

洗濯マークの読み方

覚えておきたいお手入れ法

● しみを作ってしまったら…

■コーヒー、紅茶、醤油、ソース

①シミになった生地の裏にきれいな布を当てながら、固く絞った布で拭き取ります。
②落ちにくい時は、さらに中性洗剤をつけた布で叩くようになじませた後、水を含ませた布で叩くようにして洗剤を除きます。
③最後に、乾いた布で水気を拭き取ります。

■泥汚れ

①濡れている状態でこすると汚れが広がります。
よく乾くまで待って、ブラッシングで泥を取り除きます。
②シミが残ったら中性洗剤を叩くようになじませ、水を含ませた布で叩くようにして洗剤を除きます。

■口紅、油汚れ

①シミになった生地の裏にきれいな布を当てながら、ベンジンなどを染み込ませた布で叩くようにして汚れを溶かします。
②さらに、中性洗剤をつけた布で叩くように汚れを落としてから、水を含ませた布で叩くようにして洗剤を除きます。
③最後に、乾いた布で水気を取ります。

■ボールペン、朱肉

①シミになった生地の裏にきれいな布を当てながら、シンナーを染み込ませた布で叩くようにして汚れを溶かします。
②さらに、アルコールをつけた布で叩くように汚れを落とします。



●リボンスカーフの取り扱いは…

アクセサリーなどに引っ掛けると、糸引きや生地ズレが生じます。丁寧な脱ぎ着を心掛けましょう。洗濯は必ず手洗いで押し洗いをしたあと、絞らずに形を整えて自然乾燥させましょう。



●毛玉ができたら…

小バサミなどを用い、地糸を切らないように毛玉のみをカットします。
無理に引きちぎるのは毛羽立ちの原因に。かえって毛玉ができやすくなるので扱いは丁寧に。
もともと毛玉は、生地の毛羽や表面に付いた埃が絡まってできるものです。日常のブラッシングが毛玉の防止になります。着用後は地の目の方向にブラッシングしましょう。
袖下、腰まわり、スカートの脇など、摩擦が起きやすい部分には特に気を配りましょう。